ヒアルロン酸の保湿効果

ヒアルロン酸の特徴は保水力です。保水効果がとても高く、1グラムあたり6000mlもの水分を保持することができるとされています。私たちの体にはもともとヒアルロン酸があり、肌にももちろんあります。皮膚の真皮層にヒアルロン酸はあり、コラーゲンとエラスチンという真皮の成分に水分を補う働きをしています。しかし、年齢とともにヒアルロン酸の量が減っていくために、肌の保水量が減っていき乾燥をしてしまいます。この乾燥がシミやシワの原因となります。

ヒアルロン酸が不足することで肌の乾燥が起こるために、ヒアルロン酸を補って肌の水分量を増やそうということでヒアルロン酸を化粧水で塗布して直接肌に補ったり、サプリメントで摂取して体の内側から水分量を補っていこうというケアが行われます。

肌に直接塗れば不足しているヒアルロン酸の補給になると考えられますが、ヒアルロン酸の分子は大きいために肌に塗布しても必要な場所まで全て届けることが難しいです。最近は、分子を小さくした低分子タイプもありますが、分子が小さいために蒸発しやすく乾燥がひどい人にはあまり向きません。そこで、サプリメントも合わせて摂取することで効果を得ることができるのです。

 

ヒアルロン酸の効果

ヒアルロン酸をサプリメントで摂取することは、肌への効果だけではありません。体全体の乾燥を補う効果があります。これは、肌が潤うだけでなく他にも良い効果があるとされています。ヒアルロン酸の分子の大きさから、サプリメントを飲んでも効果がないということが言われることも多いです。

まだまだ化学的にヒアルロン酸のサプリメントと水分量の効果は立証されていませんが、サプリメントを飲むことで加齢とともに肌と同じように水分量を失う関節や筋肉の水分量を増やすことにも効果があるといる統計結果は出ています。特に関節の動きについては、ヒアルロン酸を直接投与して治療をすることが行われており、ヒアルロン酸の科学的効果は立証されています。

また、サプリメントを飲むことで更年期障害の症状の軽減にも効果があるとされています。40代後半からは更年期障害に苦しむ人が多く、肌の状態が整うことと合わせて更年期障害の症状が緩和できるというのはとても嬉しい効果です。

摂取するサプリメントは価格も差がありますが、できるだけ純度の高いものを選ぶことが望ましいです。ヒアルロン酸サプリと合わせてグルコサミンやコンドロイチンが含まれているサプリも摂取すれば関節トラブルで膝や肩の痛みを感じている人には動きが良くなる効果もあります。

参考|飲むヒアルロン酸、ヒアルロン美潤(びじゅん)の通販 ~乾燥肌・敏感肌やお顔のたるみに悩んでいる方へ~

 

40代女性の悩み、乾燥肌

40代になると肌の悩みで多く出てくるのが肌の乾燥です。20代はお肌の曲がり角として、そこからすでに老化が始まっていくということが言われていますが、この曲がり角から肌は潤いが減少していきますしターンオーバー周期が乱れ始めて少しずつ肌はダメージを蓄積していきます。このダメージが大きく影響して、40代になると肌の大きな曲がり角が訪れます。

40代になるとシミやしわ、たるみが目立ってくようになり、この原因が肌の乾燥です。シミやシワというのはメイクで隠そうと思えば隠すこともできますが、隠すことによってより目立つようになり、老化を強調させてしまいます。そこで少しでも肌トラブルを改善すべく40代になると肌の乾燥対策が重要になってきます。

そこで、ここでは40代の肌のケアの方法としてヒアルロン酸の必要性を紹介をしていきます。ヒアルロン酸を摂取していくことで肌の状態を改善することができますが、化粧水で肌に塗布するだけでは十分な対策とは言えません。乾燥肌の状態がひどいとヒアルロン酸を肌に塗るだけではなく、サプリメントを飲んでさらに肌の内側からも水分を補うことが重要です。

また、ヒアルロン酸のサプリメントを摂取することは乾燥肌の改善以外にも効果があります。そこで、ここではヒアルロン酸のサプリメントが40代の女性の肌のケアや体のメンテナンスに効果があること、そして効果のあるサプリメントの選び方についても紹介をして生きます。